CAR COLUMN - コラム

洗車後のは絶対に必要?拭き上げのコツとは

シャンプーで洗って水で流して・・・といった洗車の作業は意外と重労働です。できるだけ短時間で効率よく終わらせたいと思っている方も多いかもしれません。
特に洗ったあと車についた水を拭き上げる作業は、意外と大変です。拭き上げもしなくても大丈夫なのか、それとも必要なのか、という疑問もあるでしょう。

そこで今記事では、洗車後の拭き上げの必要性と、拭き上げをする際のコツについても紹介します。

洗車後に拭き上げしないとどうなる?

まずは洗車後に車についた水分を拭き取る作業は必要なのかどうか、という問題です。結論からいうと拭き上げは必要です。
では実際に拭き上げをしなかったらどうなるのか、車に悪影響を及ぼすのか、という点について詳しく見ていきます。

水滴が乾いて汚れになる

車についた水分をそのままにしておくと、その水気にホコリなど大気中の汚れが付着して乾いてボディの汚れとなります。
水分を拭き上げたとしても汚れは付着しますが、水分が付着しているままのほうが汚れは目立ちやすくなります。

水ジミができる原因となる

水道水を使って洗車をすると、その水の成分が乾いた時にボディに水ジミとなって付着します。
水道水や井戸水にはカルキやミネラル分が含まれていて、水気が飛ぶと成分だけが残ってしまいウォータースポットとしてボディにこびり付いたりもします。
ウォータースポットや水ジミが付いてしまうと落とすのが難しくなることもありますので、しっかりと水分は拭き上げましょう。

これで完璧!拭き上げのコツはこれ!

洗車をしたら拭き上げないと車に影響を与えるということがわかったところで、どのような手順や方法で車を拭き上げていけば良いのかということについて確認をしていきましょう。
ここで紹介する方法やれば、より効率的に拭き上げができ、車の塗装面を守ることができます。

上から拭く

基本的なポイントですが、拭き上げる際はボディの高いところから下にかけて拭いていくことが大切です。
下から拭き上げるのも問題はありませんが、ボディ上部を拭き上げた際に水分が拭いたところに付着することもあります。
上から拭くことで余計な作業をする必要がなくなりますので、効率的に洗車を終えることができるでしょう。

一定方向に拭く

どんなに気を遣っていても、洗車をすれば洗車傷と呼ばれる薄い傷がつきます。
洗う時もそうですが拭き上げる時も傷がつかないように気にかけることが必要です。
円を描くように拭くと、線傷が丸くついて目立ってしまいます。一定方向に拭くことで、傷が付いたとしても目立ちにくくなります。
例えば縦方向のみ、横方向のみというように拭く方向性を決めて作業することをおすすめします。

晴れているときは拭く順番を考える

拭き上げ作業は時間がかかるものです。拭いている途中で水滴が乾いてしまうということも十分に考えられます。
水滴が乾いてしまう先述した水ジミなどの原因となりますので、直射日光が当たっている場所から優先的に拭き上げることで水ジミやウォータースポットができるのを防げます。

ガラスは最後で大丈夫

拭き上げの際、ボディから拭くかガラスから拭くか悩むこともあるでしょう。
もし水ジミができたとしてもボディよりもガラスのほうが落とすことが容易なことも多いので、ガラスは最後に拭いても大丈夫です。
ガラスを拭く際に綺麗に拭くのが苦手という方は、ガラスの周囲から拭いていくことで綺麗に仕上げることができます。

大きなクロスを使う

拭き上げ作業をより効率的にするためには、拭き上げ用のクロスを大きなものにするのも一つの方法です。
一度に拭ける面積が大きければ大きいほど、作業時間を短縮することができます。
小さいクロスを使っているという方は、大きなクロスをカー用品点などで購入してみましょう。

洗車機を使った後もしっかり拭き上げしよう

手洗い洗車をする手間がない方は時短のためにガソリンスタンドなどに設置されている洗車機を使うという方も多いでしょう。ここでは洗車機を使った後の拭き上げ作業についてどうするべきか確認してきましょう。

ブローしても水滴が残っている

多くの洗車機は洗車後にブローをかけて水滴を飛ばしてくれますが、完全に水滴を除去することができません。ブローされていたとしても、仕上げの拭き上げをすることで車をより綺麗にすることができます。

スタンドなどでは備え付けのタオルを使うのもOK

ガソリンスタンドにセルフ洗車機を設置しているところの多くは、サービスとして拭き上げ用のタオルを用意しています。
洗車をしたくても道具を持っていなかったという経験をしたことがあるかもしれませんが、こういったサービスを提供しているスタンドに行けば気軽に車を綺麗にすることができます。
あらかじめタオルの貸し出しがあるか、調べたり問い合わせたりしておくと良いでしょう。

洗車後は水滴を残らず拭き取って車をキレイにしよう!

ボディを洗って洗い流したら一息つきたいところですが、仕上げの拭き上げが洗車の仕上がりを左右します。どれだけ綺麗に洗っても水ジミができてしまったら苦労が水の泡となってしまいますので、綺麗に水滴を取り除けるように効率的に拭き上げをしましょう。

出光のPIT in plusなら
洗車もネットで簡単予約!

洗車の予約はこちら