CAR COLUMN - コラム

正しいセルフ洗車の方法と必要な物とは

車は、乗っていても乗っていなくても汚れてくるものです。汚い車だと気分的に良くないので、洗車をしたいという方も多いでしょう。
自宅で気軽にできるセルフ洗車をしたいけどどうすればいいのかよくわからないという方のために、今記事ではその方法と必要なものについて解説します。

洗車は自分でできる簡単なメンテナンスである

車は定期的なメンテナンスをすることで、安心安全な運行をすることができます。メンテナンスといっても大小様々ですが、最も簡単なセルフメンテナンスは洗車といっても過言ではありません。
自分自身で洗車をすることで、車のボディの状態をしっかりと把握することができます。

セルフ洗車をする際に必要な道具とは

いざ自宅ガレージなどで洗車をしようと思っていても、何も道具がないということも多いでしょう。ここでは、セルフ洗車をする際に必要な道具を紹介します。

水をかける道具(ホース類)

洗車とは切っても切れない関係にあるのが“水”です。水をかけるための設備(蛇口)もそうですが、水をかけるためのホースなどがないと洗車ができません。
ただのホースでも洗車はできますが、シャワーノズルがついたタイプを購入すると洗車がはかどります。

洗車用のバケツ

ただ水洗いする場合は必要ありませんが、カーシャンプーを使った洗車をする場合はシャンプーを入れるバケツが必要となります。最低でも1つ、2つあれば汚れたスポンジを洗う用とシャンプー用で活用することができます。

カーシャンプー

車をきれいに洗うためにはシャンプーが必要です。シャンプーは様々な種類があり、コーティング専用のものもあればワックス成分が入ったものなどもあります。自分の用途に合わせてチョイスしてください。

洗う道具、拭き上げる道具

車を洗う際にはスポンジを用意しましょう。このとき傷がつきにくくなるようにボディ上部用と下部用の2つを用意することをおすすめします。また拭き上げの際には、吸水力の高いマイクロファイバークロスなどを用意するといいでしょう。

脚立

背の高い車を洗う場合、手が届かないことが想定されます。これに備えて脚立を用意すると洗車の効率が格段にアップします。

セルフ洗車を行う手順はこれ

洗車道具が一通りそろったらセルフ洗車を開始しましょう。ここでは基本的な洗車の流れを紹介していきます。

まずはタイヤとホイールから

洗車と聞くとボディを洗うイメージもありますが、ホイールを洗うのも忘れないようにしてください。ブレーキダストでホイールが汚れている場合がありますので、ホイール用に用意したスポンジやブラシなどで洗いましょう。

たっぷりの水で流す

ボディを洗う際、すぐにスポンジでこするのは砂ぼこりなどで傷がついてしまう可能性があります。まずは、ボディ全体についた砂ぼこりを大量の水で洗い流してください。

シャンプーを泡立てる

カーシャンプーを用意する際には、バケツに水を入れる前に適量のシャンプーを入れます。その後ホースで勢いよく水を入れることでシャンプー液が泡立ちます。
シャンプーを用意するのは、ボディに水をかける前でも後でも構いません。炎天下であれば、先にシャンプーを作った方がいいでしょう。

洗う

水をかけ終わったらシャンプー液を大量に含ませたスポンジでボディを優しく洗っていきます。ここでの注意点はごしごしと力を込めて洗わないことです。優しくなでるように洗うのがポイントです。

拭き上げる

シャンプーを洗い流したらそのまま放置するのではなく、すべての水滴を拭き取りましょう。水滴を拭き取らずに放置すると水染みがついてボディにダメージを与えてしまいます。

セルフ洗車をする際の注意点は

セルフ洗車をする際、ただ洗えばいいというわけではありません。ここではセルフ洗車をする際の注意点を2つ紹介します。

炎天下で洗車しない

晴れている日=洗車日和、というイメージがありますが、あまりにも晴天だとボディにダメージを与えてしまう場合があります。特に日差しがカンカンに照っている場合は、ボディにかけた水がすぐに蒸発してしまって水染みになってしまう可能性が高いです。
このような状況下で洗車をする場合はドアやボンネットといったパネルごとに洗って拭き上げるようにしましょう。

円を描くように洗わない

手洗い洗車だから傷がつかないというわけではありません。スポンジで洗うときや拭き上げるときに円を描くようにしてしまうと傷が目立ってしまいます。
洗うときも拭き上げるときも一定方向(上から下、右から左など)にしましょう。

簡単なセルフ洗車ってあるの?

ここまで読んで、道具を揃えるのも気を遣いながら洗うのも面倒だと感じた方もいるかもしれません。セルフ洗車できれいにしたいという場合は、ガソリンスタンドのセルフ洗車機を利用しましょう。
洗車機と聞くと傷がつきやすいというイメージがあるかもしれませんが、今の洗車機は傷がつかないようになっています。手洗い洗車よりもボディに優しい洗車ができるので、おすすめです。

時短できて気軽にきれいにできる洗車はガソリンスタンドで

マンション住まいで手洗い洗車ができない、時間もないし手間をかけたくない、という場合は近くのガソリンスタンドでセルフ洗車をしましょう。
24時間営業のスタンドであれば、いつでも洗車ができる環境が整っています。拭き上げタオルも用意されているので、ガソリンを入れるついでに手ぶらで洗えるのでおすすめです。

出光のPIT in plusなら
洗車もネットで簡単予約!

洗車の予約はこちら