CAR COLUMN - コラム

走行前のチェックが大事!タイヤのセルフチェックはドライバーの日常義務

セルフチェックはタイヤの寿命を長持ちさせる

タイヤのセルフチェックは車を所有するドライバーの義務ということはご存じでしょうか。タイヤは車が曲がる・止まる・走るといった、基本的な性能を果たすための重要な部品です。そのため、タイヤが本来の性能を発揮できなければ、快適なドライブを損なうだけでなく、思わぬトラブルの原因となります。安心して乗り続けるためには、セルフチェックを行ってタイヤの安全性を確かめましょう。

また、セルフチェックをすることにより、タイヤの状況を常に把握することができます。タイヤは走っているうちにすり減ってしまう消耗品です。どの程度すり減っているかは、定期的なチェックで気づくことができます。加えてトラブルの原因を抑えることもできるため、結果的にタイヤの寿命も長持ちできるでしょう。

タイヤのセルフチェック方法

タイヤのチェック

傷やヒビ割れがないかチェック

車のタイヤは一般的にゴムでできているため、経年劣化によって硬くなってしまい、場合によってはヒビ割れが発生します。このヒビ割れはパンクやバーストといったトラブルに繋がる恐れがあるため、そのままにしておくと危険です。そのため、ヒビ割れを発見した際は、専門の工場や業者に相談して交換を検討しましょう。

また、走っているうちに釘やビス等の異物を踏んでしまい、タイヤに傷がつくケースもあります。タイヤの傷はパンクやバーストの原因となるため、セルフチェックを行って予防しましょう。特にタイヤの空気圧が下がると異物が刺さりやすくなります。そのため可能であれば空気圧も確認しておくと安心です。

溝の深さが適切か

一般的にタイヤは新品の状態で約8ミリの溝がありますが、走行することで摩耗してすり減っていきます。タイヤの溝が残り1.6ミリになった際は、スリップサインと呼ばれる目印が表示されるため、スリップサインが見えたら交換の目安です。また、このスリップサインが出ているタイヤは車検に通りません。

また、1.6ミリというものはあくまでも車検に通ると言う基準であり、本来の性能を発揮するという上では早めの交換がおすすめです。

空気圧の確認

タイヤにはメーカーが指定する空気圧があります。一度入れた空気は、タイヤとホイールのつなぎ目やエアバルブ等から少しずつ空気が漏れているため、補充せずに放っておくとタイヤの空気は少なくなります。空気が減ることによって起こるトラブルは以下のものが挙げられます。

  • タイヤの偏摩耗
  • 燃費の低下
  • コーナリング性能やクリップ力の低下
  • タイヤのパンクやバースト

これらのトラブルを未然に防ぐためには空気圧チェックが必要となります。空気圧の確認には専用の機器が必要となりますが、普段利用するガソリンスタンドでもチェックは可能です。そのため気になった人はガソリンを入れるついでに見てもらいましょう。

変な膨らみがないか確認

タイヤの使用状況や空気圧の変化により、変形や変な膨らみが出ている場合があります。これは車を頻繁に使わずに放置している車両などによく見受けられる現象です。

なぜなら、タイヤの1カ所だけに負荷がかかった状態が続くとその分変形しやすくなるからです。ほかにも空気圧が低下したまま走行を続けると発生することがあります。基本的に膨らみが発生している箇所は、タイヤが非常に弱い状況になっているので、安全に乗り続けるためにも早急なタイヤの交換が必要となります。

一部だけすり減っていないか

タイヤは走行距離に限らずさまざまな要因ですり減ります。特にタイヤの空気圧が低下すると、普段よりも偏摩耗が発生しやすくなるため注意が必要です。また、メーカーが指定する空気圧よりも高いとタイヤの中央付近、低いと外側が摩耗しやすくなります。したがって最適な空気圧を維持するように心がけましょう。

もしタイヤの偏摩耗が見つかった場合は、専門の工場に相談することで詳細な原因が特定できます。普段の走り方が原因となる場合もあるため、正しい方法で摩耗を防ぎましょう。

日常点検は運転手の義務

タイヤを点検するオーナー

日常点検はドライバーの義務となっています。しかし、近年では技術の進歩とともに車の故障が少なくなったため、日常点検の義務や重要性についての意識が薄れている傾向です。整備不良は重大な事故に繋がるため、日常点検の重要性をしっかりと認識し、定期的に実施するようにしましょう。

特にタイヤは、車の部品の中でも唯一地面と触れる重要な部品です。また、ゴムという性質上、経年劣化や損傷による影響を受けやすいため、ドライバーの義務として日常点検について見直してみてはいかがでしょうか。

タイヤの点検や交換はおまかせできる

タイヤをメンテナンスするスタッフ

タイヤの日常点検は重要ですが、全て自分で見る必要はありません。もし自分だけではわからない場合は、工場やディーラーはもちろんのこと、ガソリンスタンドやカー用品店などでチェックをしてもらうことも一つの方法です。特に普段利用するガソリンスタンドでは、給油のついでに空気圧のチェックやタイヤの状態を確認してもらうことができます。自分の最適な方法でタイヤの状態を保ちましょう。

出光昭和シェルのピットインプラスなら
タイヤ交換もネットで簡単予約!

タイヤ交換の予約はこちら