CAR COLUMN - コラム

初めて車検を受けるときに知っておきたい車検の予約方法について

車を保有していれば必ずやってくるのが車検です。定期的に受けなければならないとは聞いていたけれど、どのタイミングで受ければいいのかよくわからないという方もいるかもしれません。
ましてや初めて車検を受けるとなったとき、どこに頼めばいいのか、ということだけではなくどうやって予約すればいいのかということもわからず不安になるでしょう。

そこで今記事では、そんな不安を払拭させる車検の受け方などを紹介します。

車検はいつ受ければいいの?

まず、車検はどのタイミングで受ければいいのかということからおさらいをしていきましょう。
ここでは一般的な乗用車だけでなく商用車、軽自動車の車検のタイミングについて解説します。

乗用車の場合

最初は最もオーソドックスな乗用車です。いわゆる5ナンバー車と3ナンバー車が該当します。 乗用車の車検はいたってシンプルで、新車購入時は3年後に最初の車検タイミングが訪れ、そのあとは2年ごとが車検のタイミングとなります。
車検が残っている中古車を購入した場合、購入から2年後ではない場合がほとんどですので、車検証やフロントガラスに貼られているシールで有効期限を確認しましょう。

商用車の場合

仕事で使用するバンタイプの車やトラックが商用車と呼ばれています。4ナンバーや1ナンバーの車です。
商用車の場合は乗用車とは違い、新車購入時は2年後、そのあとは1年ごとが車検のタイミングです。最近は車中泊ブームということで、商用車ベースの車を購入する方も増えてきていますので、車検のタイミングには気を付けましょう。

軽自動車の場合

コンパクトな車体で、街乗りなどで活躍する軽自動車は5ナンバーの乗用と4ナンバーの商用があります。
乗用の場合は新車3年、その後は2年ですが、商用の場合は新車2年、そのあとも2年ですので要注意です。

車検はどこに頼めばいいの?

車検の時期がわかったところで、次は車検をどこでやってもらえばいいのかという点について確認をしていきます。
車の整備ができるところ、車を買ったところというイメージがあるかもしれませんが、ここではっきりと理解していきましょう。

カーディーラー

一番ピンとくるのが車を購入したディーラーではないでしょうか。新車であれ中古車であれ車を販売しているお店の多くには自動車整備ができる工場を併設しています。
メーカー純正部品を使い、知識が豊富という点では安心感はありますが、車検にかかる費用は最も高いと言われています。

自動車整備工場

街中で「○○整備工場」や「〇〇モータース」といった看板を見かけたことがある方は多いかもしれません。全メーカーの車整備をすることができるということ、地域密着ということもあり安心感もあるでしょう。
費用もディーラーと比べると安価の傾向です。

カー用品店

車に関するアフターパーツを多く販売しているカー用品店でも車検を受け付けています。カー用品店のメリットは交換する消耗品などを選べるという点、比較的安価に依頼をできるという点です。

ガソリンスタンド

意外かもしれませんが、街中にあるガソリンスタンドでも車検整備を依頼することが可能です。車検の対応が出来るガソリンスタンドには国家資格を持った整備士がおり、技術力も高い為安心です。敷地内や近隣に自社の整備工場を併設しているガソリンスタンドもあります。
またガソリンスタンドに車検を頼むと一定期間ガソリン価格が割引されるなどの特典もあり、車検自体も比較的安価に依頼が出来ます。

車検の予約のタイミングは?

いざ車検を受けるとなったとき、いつから受けられるのか、いつから予約をすればいいのか悩むかもしれません。

継続車検はいつでも受けられますが有効期間を短縮させないようにするには満了日の30日前以降に車検を受ける必要があります。
お店に車検を依頼する場合「保安基準適合標章」が交付され、その有効期間が15日間なので、お店に依頼をする場合は車検満了日の45日前から入庫OKです。

車検整備は1泊2日はかかる作業だと考えておいてください。車を使わない日の確認や代車を用意してもらう場合はその手配も必要になるので、予約は前もってスケジュールを決めておいた方がいいでしょう。

自分で車検を通す場合の手続きや流れは?

最も費用を抑えられるということで注目されているのがユーザー車検です。ユーザー車検はお店に依頼する車検とは違った予約の流れが必要です。
大まかな流れを紹介すると、車検を受ける陸運支局の予約を「自動車検査インターネット予約システム」から取ります。平日しか予約ができないので要注意です。
予約をしたらそれまでの間に車の点検整備をします。当日は陸運支局に車を持ち込んで検査官に車を確認してもらい、合格であれば新しい車検証を交付してもらって終了となります。

安心安全に車を乗りたいならプロに車検を頼もう

ユーザー車検は安価に車検を通せますが、車を安全に走らせるという点ではやや不安要素が残る場合があります。車の知識がない方は、車検はガソリンスタンドなどのプロに依頼をしてしっかりと点検整備をしてもらった方がいいでしょう。

出光のPIT in plusなら
車検・点検もネットで簡単予約!

車検・点検の予約はこちら