CAR COLUMN - コラム

車検受ける時に必要な持ち物ってあるの?

車を保有している方なら必ず聞くワードのひとつが「車検」です。
車検制度は車を安心安全に運行できるように定められた制度です。しかし車検をいざ行おうとした際、必要な持ち物があるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。
そこでこの記事では、車検制度の概要をおさらいし、実際に車検の手続きをする際に必要な持ち物、さらに車検をどこで行うべきか、という点について解説していきます。

車検は定期的に行う必要がある手続きである

まずは、車検制度についておさらいをしてきましょう。この国における車検制度というものは、「道路運送車両法」という法律で定められています。
軽乗用車や普通乗用車であれば新車購入から3年後に初回の車検が、その後は2年ごとに定期的に車検を受ける必要があります。
簡単に説明をすると、法律で定められた「保安基準」に適合しているかどうかをチェックされるのが車検です。その車が安全に使用できるかどうか判断されます。

車検の手続きで必要なものは

実際に車検の手続きをする際に必要な持ち物(書類)について確認していきます。
ここで挙げる4つは、どのお店に依頼する際にも必要となります。半分は車のダッシュボードやグローブボックスに保管されているものですが、順番に見ていきましょう。

車検証

ひとつ目に必要な書類は、車検証です。車検証にはナンバープレートの番号や車体番号、所有者と使用者の住所氏名が記載されています。
車検証の左下には有効期限が記載されており、その有効期限内に車検を受けて車検証を更新する必要があります。

自賠責保険の証券

車検証と同じくらい重要なものが自賠責保険の証券です。自賠責保険は法律で加入が義務付けられている、強制保険とも呼ばれているものです。
自賠責保険は、車の購入時に「車検の有効期限+1か月」で加入することが多く、車検を受ける際に更新する必要があります。
継続車検を受ける際には「いま加入している有効期限内の保険証券」に加えて「新たに加入する(更新する)保険証券」が必要となります。後者は、車検で車を預ける際に加入する形です。

印鑑

車検を受ける際、「継続検査申請書」と呼ばれる書類に必要事項を記入し、陸運支局に提出します。この書類は、お店で依頼する際には必要な部分は代行して記入してもらえます。
継続検査申請書には車の所有者の署名と押印が必要でしたが、令和3年1月1日より取り扱いが変わり署名と押印は不要となりました。
ただし、お店によっては捺印をお願いされる場合がありますので、車検依頼時にお店に確認するといいでしょう。

自動車税の納税証明書

毎年5月のゴールデンウィークあたりに支払うのが自動車税です。
コンビニや金融機関で支払いをした場合は、支払ったことを証明する半券が渡されるでしょう。これが自動車税を納税したという証明となりますので、破棄せずに保管しておいてください。
乗用車の場合は車検を受けるのが2年に1回となりますから、車検を受ける年の納税証明だけあればOKです。

車検に必要なもののどれかが見つからない場合はどうする

前述した車検で必要な書類ですが、どれかを紛失して待っている場合はどうすればいいのか、という点について解説します。重要なものとそうでないものという観点から見ていきましょう。

再発行する必要がある

車検の手続きをする際に必要となるものについて確認していきます。
必要なのは、「車検証」と「自賠責保険の証券」です。無い場合は再発行する必要があります。
車検証は、管轄の陸運支局(例:品川ナンバーの場合は品川の陸運支局)で手続きができます。自賠責保険については加入している保険会社に問い合わせましょう。

無くてもその場で対処できるものもある

逆に無くてもそれほど問題の無いものもあります。それは「印鑑」と「納税証明書」です。
最近は印鑑の省略が進んできていますので、「フルネームでのサイン」で代用することができます。また、納税証明書についても多くの陸運支局と税務署が電子で連携しているので、無くても問題ないことが多くなってきました。
ただし、5月6月に車検を受ける場合は、タイムラグが生じていてデータ上で反映されていないこともあります。そのため、この時期は納税証明書の半券が必要となるケースがあります。

車検はどこに依頼すればいいの?

車検の手続きは自分自身で行う「ユーザー車検」という方法があります。ただし、この場合は自分自身で点検整備をしなければならず、さらに平日日中に陸運支局に車を持ち込む必要があります。
手間と技術が必要になるので、お店に車検を頼むのが無難でしょう。
車検は、ディーラーや整備工場など車に関する業種であれば頼めますが、最寄りのガソリンスタンドに依頼するのも一つの方法です。ガソリンスタンドによっては車検を頼むとガソリンが割引になるといった特典があるところがあり、車検費用もディーラーなどと比べると安価になる傾向があります。

車検の手続きは最寄りのガソリンスタンドで

車検のことで迷ったら、いつも行く最寄りのガソリンスタンドに相談してみるといいでしょう。費用も抑えられ特典もあるということで、非常に魅力的です。

出光のPIT in plusなら
車検・点検もネットで簡単予約!

車検・点検の予約はこちら