CAR COLUMN - コラム

住所変更時に行いたい車検証の手続きについて|必要な手順や方法も紹介

家と車

引越しをするといろいろな手続きをしなければなりませんよね。住民票の移動や公共料金の手続き等、しなければならないものがたくさんあります。そのような手続きをしていると、何かと忘れてしまいがちなのが車に関する手続きです。実は車検証に記載されている住所を変更する必要があるのですが、ふとした時に気づくということもしばしば。そこで今回は、車検証の住所変更手続きについて詳しく解説をしていきます。

車検証の住所が実際の住所と異なるとどうなる?

自動車車検証

はじめに、車検証の住所が現在の住所と違った場合にどういった問題が起きてしまうのか、ということについて確認をしていきましょう。

自動車税の納付書が届かなくなる

毎年5月に納付する、自動車税に関する納付書が都道府県税事務所から届かなくなってしまいます。郵便の転送手続きをしていれば引っ越し先に転送されますが、届かないと大変です。

リコールの案内が来なくなる

愛車を使用するにあたり重大な問題が発生する恐れがある場合は自動車メーカーからリコールなどの案内が来ますが、この案内は車検証上に記載されている住所に届くことになります。住所が異なると大切な連絡が来なくなるということになります。

最悪の場合は罰せられることも

道路運送車両法第12条1項に「自動車の所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは名称若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があったときは、その事由があった日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。」との規定があるため、最悪の場合は法律違反として罰せられる可能性があります。

車検証の住所変更手続きの流れと必要な書類を確認しよう

住民票

車検証の住所変更を行う際に必要な流れと必要な書類について確認を進めていきます。少なくともこの流れを把握しておかないと余計な手間と時間をかけてしまいますから、要チェックです。

市役所や区役所に行く

まず必要な書類は「現住所が記載されている住民票」です。住民票を取得するために役所に行きましょう。もしこの時、複数回引越しをしている場合には「戸籍の附票」が必要となります。

車庫証明の申請をする

住民票などの書類が手に入ったら、次は車庫証明の申請を行います。引越し先の駐車場がご自身の所有物(持ち家)であれば車庫証明の「自認書」で大丈夫ですが、借りている駐車場の場合は「承諾書」を不動産屋さんや大家さんにもらわなければなりません。

車庫証明を受け取る

車庫証明を申請すると即日もらえるというわけではありません。一般的に車庫証明の申請が通るのには、「中2日」あるいは「中3日」の日数が必要となります。車庫証明の窓口は平日しか開いていませんから、例えば中3日の車庫証明を水曜日に出した場合に申請が通るのは、翌週の火曜日となります。余裕をもって申請をするようにしましょう。

陸運支局に足を運ぶ

車庫証明の申請が通ったら、1か月以内に管轄の陸運支局に行って住所変更の手続きを行います。ナンバープレートが変わらない場合を除いて、車を陸運支局に持ち込む必要が出てきます。陸運支局は車庫証明の申請と同様に平日のみとなりますので、注意が必要です。

車検証の住所変更手続きは車検と同時に行うことも可能

気付き

車検証の住所変更を車検の継続検査と同時に行うということも可能です。その際には車検を通すまでに発行から1か月以内の車庫証明と、発行から3か月以内の住民票が必要となります。車検を整備工場などに依頼する前に、これらの書類を不備なく揃えておかなければなりません。

車検証の住所変更手続きは自分でもできる?

車検証の住所変更

ここで紹介した住所変更手続きの流れは、ディーラーや整備工場の人だけでなく、自分自身でも行うことができます。ここでは住所変更を行う際のポイントを紹介します。

平日に最低2日間時間が取れるなら可能

前述しましたが、住所変更に必要な車庫証明の申請や住所変更を行うには、平日に時間を確保する必要があります。仕事の都合などを考慮し、最低でも2日間は休みをとらなければなりませんが、それができるのであれば自身でも手続きをすることが可能です。

書類の書き方などは警察署や陸運支局で教えてくれる

車庫証明の申請や車検証の住所変更の手続きに必要な申請書などの書類はやや特殊な書き方のものが多いので、初心者には難しいのではと思ってしまうかもしれません。それについては警察署や陸運支局の職員さんが教えてくれますので安心してください。恥ずかしがらずに聞けば親身に対応してくれます。

どうしても時間が取れない場合は頼むのもひとつの方法

なかなか平日に時間が取れないという場合は業者などに依頼するのもひとつの方法です。これには費用がかかりますが、確実に住所変更を行うことができます。

引越しなどで住所が変わったら車検証の住所変更手続きも忘れずに行おう

何かと忙しくて忘れがちになる車検証の住所変更ですが、自分自身でも行うことができますし親身になってやり方も教えてくれます。陸運支局に行って手続きをするのはハードルが高いようにも感じますが、ぜひ挑戦してみてください。

出光のPIT in plusなら
車検・点検もネットで簡単予約!

車検・点検の予約はこちら