CAR COLUMN - コラム

スペアタイヤの寿命と使用時の注意点

車の中で唯一地面と接している部分はタイヤです。そのタイヤが走行中に釘などの異物を踏んでパンクしてしまうということが極稀に起こります。
そういった場合には車両に搭載されているスペアタイヤを使用することになりますが、滅多に使うものではないため、使い方や注意すべきポイントがわからないという方も多いかもしれません。

そこで今記事では、スペアタイヤを使用するときの注意点とスペアタイヤの寿命について解説します。

スペアタイヤってどんなタイヤ?

スペアタイヤはその名の通り予備のタイヤで、装着されているタイヤが使用不能になったときに、応急的に使用するホイールに組んだタイヤのことを指します。

スペアタイヤには2種類あり、装着されているタイヤと同一デザイン同一サイズのタイヤの場合と、標準サイズよりも小さくて細いタイヤがあります。後者はテンパータイヤと呼ばれるものです。

スペアタイヤの寿命は?

スペアタイヤは車の荷室やボディの底部分に取り付けられているため、普段あまり見ることがないかもしれません。一般的にタイヤは定期的に交換をしますが、応急的に使用するタイヤであるスペアタイヤは、どのくらい寿命が持つのか気になるところでしょう。

スペアタイヤの寿命はとても短く、走行距離に換算すると約100km程度です。あくまで応急使用するものなので、この程度の寿命となっています。またゴムなので使用しなくても劣化してしまいます。

テンパータイヤの場合は車内保管されていれば7年~10年は問題なく使用できるとされていますので、全く使わないのであれば新車から次の車に乗り換えるまでの間は問題ないといえるでしょう。

スペアタイヤを使用するときの注意点

スペアタイヤには、通常装着しているものと同一のタイヤと、テンパータイヤと呼ばれる応急用のタイヤの2種類があるということを前述しました。前者のタイヤであれば交換するのにも走行するのにも注意事項はありませんが、後者のテンパータイヤを使用する際には気を付けなければならない点があります。

ここではスペアタイヤ(テンパータイヤ)を使用する際の注意点を2つ紹介します。

装着箇所を間違えない

まず、スペアタイヤを交換する際に気を付けなければならないことがあります。ただパンクしたタイヤと交換すればいいのでは?と思うかもしれませんが、実は交換時にどこにスペアタイヤを取り付けなければならないのか、という点について注意が必要です。

テンパータイヤは通常のタイヤよりも細いタイヤであるため、駆動輪に取り付けてはいけません。前輪駆動車であればフロント、後輪駆動車であればリアに使用することは禁物です。もし駆動輪がパンクしてしまった場合、後ろのパンクしていないタイヤをフロント側に、外した場所にテンパータイヤを装着してください。

4WD車の場合は基本の駆動輪ではない部分に取り付けます。これは車の取扱説明書に記載されていますので、確認しましょう。

速度を出しすぎず、走りすぎない

テンパータイヤはあくまで応急用タイヤです。このタイヤには「最高速度は時速80km以下、走行可能な距離も100km以内が限度」と定義付けされています。つまり、タイヤのパンクに気づいたときにスペアタイヤに交換し、最寄りのガソリンスタンド等のプロの整備士がいる場所まで移動する程度の使用に留めなければなりません。

パンクしたタイヤのパンク修理ができない場合は、新品タイヤを購入しスペアタイヤから履き替えましょう。

もしものときに備えて行うべきこと

スペアタイヤを使う機会は滅多にありませんが、いざという時に使えない状態だと困ります。スペアタイヤは使いたくはありませんが、もしもの時に備えて行っておきたいことについて確認をしていきます。

タイヤの空気圧チェック

スペアタイヤであっても普通のタイヤであっても、タイヤの中に空気が入っていなければ使い物になりません。そのため、タイヤの空気圧を適正値に合わせておくことが大切です。

しかし、普通のタイヤと同じような間隔(例えば1ヶ月に1回など)で確認をするのは大変かもしれません。少なくとも1年に1回は点検をするようにしましょう。乗用車の場合は定期点検が同じタイミングとなりますので、車を点検に出す際に合わせてお願いすると手間が省けます。

タイヤの状態をチェック

一般的にタイヤの寿命は3年から5年と言われています。スペアタイヤの場合は、車内に保管されている場合が多いため7年~10年は大丈夫と言われることもあります。

タイヤはゴム製品のため、全く使わなくても劣化してひび割れを起こします。定期的にタイヤがどのような状態であるかを確認しておきましょう。

一部の乗用車や商用車のスペアタイヤは、車外に露出して取り付けられているものもあります。その場合は劣化の速度が通常よりも早いので、注意が必要です。

スペアタイヤの点検は最寄りのガソリンスタンドで

スペアタイヤは、どちらかというと使用する機会がない方が良いタイヤです。 しかし、もしもの時に備えてスペアタイヤを適切な状態に保つことが必要不可欠ですので、気になったら給油のついでにプロの整備士がいるガソリンスタンドで点検してもらうのもいいでしょう。

出光のPIT in plusなら
カーメンテもネットで簡単予約!

カーメンテの予約はこちら