CAR COLUMN - コラム

車の自賠責保険ってどんな保険?

車の保険は、自賠責保険と任意保険の2つに分けられます。その中でも自賠責保険は必ず加入する必要があるため、どんな保険かわからない人でも車の購入時に入っている場合がほとんどです。ここでは自賠責保険の補償内容や保険料について紹介します。何気なく加入していたという方は、これを機にもう一度確認してみてはいかがでしょうか。

自賠責保険とは

自賠責保険は、「交通事故が発生した場合に被害者を補償する」ことを目的として1955年(昭和30年)に開始された保険です。これは自動車損害賠償補償法で定められたもので、車を所有者するのであれば加入の義務があります。補償内容はいわゆる「対人補償」となっており、事故の被害者にのみ必要最低限の金額が支払われます。

また、自賠責保険は多くの損害保険会社で取り扱っていますが、どこで加入をしても一律の料金体系ということも特徴です。

自賠責保険の補償内容と保険料

ここでは自賠責保険の補償内容と保険料を紹介します。どの保険窓口でも補償の内容は共通しているため、万が一の事態に備えてあらかじめ確認しておきましょう

自賠責保険の補償内容

自賠責保険の補償内容はあくまでも「事故の被害者」にのみ適用されます。補償金額は交通事故で相手方が死亡した場合は最高で3,000万円。後遺症になってしまった場合ですと最高で4,000万円が支払われます。

また相手に怪我をさせてしまった場合は1名につき最大で120万円が補償されますが、交通事故の治療費は健康保険の適用外となるため注意してください。擦り傷程度の治療や通院であれば費用が少額で済む可能性がありますが、長期の入院を要する怪我の場合は120万円では足りないケースも出てきます。

自賠責保険料は車種ごとに違う

自賠責保険料は沖縄県や離島の一部を除き一律となっておりますが、車種によって詳細な金額が異なります。自賠責保険における保険料の区分として、乗用自動車、軽自動車、普通貨物自動車(最大積載量2トン以下とそれ以上)、小型貨物自動車、二輪車(125cc以下、250cc以下、250ccを超えるもの)といった区分によって金額が異なります。

また加入期間によっても金額が異なります。普通自動車を例にあげると、24ヶ月で21,550円、37ヶ月で30,170円です。このように加入期間が長いほど支払う金額は高めですが、1年単位でみると結果的に安くなるでしょう。

更新するタイミング

自賠責保険も他の保険と同じように加入や更新に最適なタイミングを紹介します。タイミングが悪いと期限切れや思わぬトラブルにつながるため、ぜひチェックしておきましょう。

車を購入するタイミング

新車で車を購入する場合は、自賠責保険に未加入ですので3年+1ヶ月分の自賠責保険に加入をします。なぜ車検までの期間よりも1ヶ月多めに加入するのかというと、必ずしも車検満了日までに車検を通せるとは言い切れないことが理由です。

もし車検が切れてしまった際は、車検場まで車を運行するために「仮ナンバー」の取得が必要です。この仮ナンバーの申請には自賠責保険の加入が求められるため、あえて加入期間を長めに設定しています。

また中古車を購入する際に自賠責保険の期間が切れている場合は、新車と同じように購入時に加入する必要があります。もちろん期間が残っているのであれば、自賠責保険の名義変更で対応することも可能です。

車検のタイミング

車検をクリアした際にもらえる車検証は、自賠責保険の期間が車検の期間よりも長くないと発行できません。そのため、車検を受ける時期によっては、自賠責保険を更新するタイミングと重なることもあります。もし更新の手続きをする場合は、車検の受付でそのままお願いできる場合もあるため、気になる方は事前に確認しておきましょう。

自賠責保険と任意保険の違い

ここでは自賠責保険と任意保険の違いについて解説します。それぞれの違いを比較するとともに任意保険の必要性についてもあらためて確認していきましょう。

任意保険は自賠責保険を補完するもの

自賠責保険によって最低限の補償を受けることは可能ですが、事故の状況次第では不十分なケースも考えられます。そのため自賠責保険だけでなく任意保険に加入することで、万が一の事故でも自身の負担を減らすことができます。

ほかにも任意保険では、相手の車や財産に損害を与えた場合に適応できる「対物」補償や自分のけがを補償する「人身傷害」を受けることも可能です。さらに「車両保険」を付与することで、愛車の修理を保険で賄うこともできます。このように任意保険に加入することで、もしもの際に自己負担を抑えることが可能です。

保険に関してはプロに相談しよう

自賠責保険の加入は車を運転する上で欠かせないドライバーの義務です。どこで加入しても補償内容は同じですが、期限が切れてしまうと違法行為となってしまうため、定期的に確認しておくようにしましょう。面倒な人や良くわからない方は、普段利用するガソリンスタンドでも取り扱っている場合があります。場合によっては車検を申し込むついでにお願いできるため、気になった人は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

出光昭和シェルのピットインプラスなら
カーメンテナンスもネットで簡単予約!

カーメンテナンスの予約はこちら