CAR COLUMN - コラム

オイル交換前に知っておきたいエンジンオイルの種類とは

車に必要なメンテナンスは様々ですが、身近に感じられるのはオイル交換ではないでしょうか。オイル交換は定期的に行った方がいいと言われていますが、適切なタイミングがよくわからない、どのオイルを入れたらいいのかわからないという方もいるかもしれません。
そこでこの記事では、オイル交換の適切な時期やオイルの種類など基礎知識を解説してきます。

オイル交換の適切な時期は?

オイル交換は定期的に、と言われているけどどれくらいの頻度で行えばいいのか、という点について解説をしてきます。

基本的には、車の取扱説明書に記載されているタイミングで行うのがベストです。そのタイミングは、1年に1回10,000㎞程度とされています。
しかし、気を付けなければいけないのが、「シビアコンディション」と呼ばれる状況下で使用している場合です。シビアコンディションとは「エンジンに負荷をかけている状態」のことで、短時間短距離でしか車を使わない場合や山道や高速道路で多く使用している場合などが挙げられます。
この場合は推奨の半分である半年または5,000㎞を目安に交換しましょう。
また、エンジンがより高回転で動くことが多いターボ車や軽自動車は、シビアコンディションに関係なく半年5,000㎞くらいで交換するのがいいとされています。

オイルをろ過するオイルエレメント(オイルフィルター)は、オイル交換の2回毎に1回は交換するようにしましょう。

エンジンオイルにはグレードがある

カー用品店などに行ったことがある方でしたら知っているかと思いますが、エンジンオイルには様々なグレードや価格帯があります。ここでは、エンジンオイルの3つのグレードについて解説していきます。

鉱物油

エンジンオイルはその名の通り、原油から作られている商品です。鉱物油は、原油から不純物を取り除いて精製されたものとなります。鉱物油は、値段の安さが特徴です。
最もベーシックな製品のため安価にオイル交換することができますが、劣化が早いのがデメリットです。

化学合成油

化学合成油は原油を分解し、エンジンオイルに最適な精製をすることで限りなく不純物を取り除いたエンジンオイルです。メーカーによっては全合成油として販売されています。
化学合成油の最大の特徴は、過酷な環境下においてもオイルの性能が劣化しにくいという点です。暑いもしくは寒い環境でも対応できます。
しかし、価格が高くなってしまうのがデメリットで、鉱物油と比較すると3倍以上になってしまうものもあります。

部分合成油

部分合成油は、鉱物油と化学合成油をブレンドしたオイルです。鉱物油の求めやすい価格と化学合成油の高い性能を併せ持っています。
部分合成油を選ぶ際に気を付けておきたいポイントが、「鉱物油と全合成油の配合割合」です。同じ部分合成油でも価格差がありますが、その違いは配合の割合によるものです。
お財布と相談して決めるといいでしょう。

エンジンオイルの粘度ってなに?

エンジンオイルには、グレードのほかに粘度で選ぶ必要があります。エンジンオイルの粘度について簡単に言うと「サラサラしているか硬い(粘り気が強い)か」ということです。
その車に合ったオイル粘度はメーカーによって推奨されており、取扱説明書に記載されています。
多くの国産車の場合は「5W-20、5W-30」が推奨されていますが、低燃費車やハイブリッド車は「0W-20」が推奨されていることもあります。いずれの数字も小さくなれば柔らかいオイルということを覚えておきましょう。

オイル交換はどこでしてもらえばいい?

エンジンオイル交換をいざするとなったら、どこでしてもらうか気になるところでしょう。
お店に頼むのであればディーラーや自動車整備工場、カー用品店など車のメンテナンスを行っているお店で対応してもらえます。これらのお店に行くにしても少し遠くて時間がかかるというのであれば、ガソリンスタンドでオイル交換をしてもらうという手もあります。
ガソリンスタンドなら近所にあるという方も多いと思いますし、整備士資格を保有したスタッフもいるので安心です。給油や洗車のついでに頼めるのも魅力的なポイントです。

オイル交換の所要時間は?

オイル交換にかかる時間はそれほど長くありません。基本的にオイルのみ交換する場合は30~40分程度、オイルエレメントを同時に交換する場合はそれにプラス10分~15分程度と覚えておけば間違いないでしょう。
車によってアンダーカバーを外す必要があるものもありますので、時間の目安は作業前に確認しておくことをおすすめします。

エンジンオイルの交換は定期的に、かつ手軽にできるガソリンスタンドがおすすめ!

オイル交換をしたいが、わざわざそれだけのためにディーラーなどに行くのも面倒だという方もいるかもしれません。最寄りのガソリンスタンドなら気軽に行くことができます。
オイル交換のタイミングになったら、ガソリンスタンドに行ってみるのはいかがでしょうか。

出光のPIT in plusなら
オイル交換もネットで簡単予約!

オイル交換の予約はこちら