CAR COLUMN - コラム

オイル交換って本当に必要なの?オイルの効果と交換の必要性について

車を所有しているのであれば、「オイル交換」は欠かせないメンテナンスです。自動車にガソリンが必要なことはわかっていても、オイル交換が何かピンと来ない人もいるかもしれません。

人間でいう「血液」に例えられるのがエンジンオイル。ガソリンスタンドや車検の際に、「そろそろオイル交換の時期です」と言われことがある方も多いでしょう。ここではエンジンオイルの役割と交換の必要性について紹介します。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割は大きく分けて5つあります。まずはそれぞれの役割についてみてみましょう。

1. 潤滑

エンジンの内部では、ピストンやクランクシャフトといった走るために必要なパーツが1分間に数百~数千回転という速さで動いています。エンジンオイルはそれらのパーツの摩耗を防ぎ、よりスムーズに動かすための「潤滑油」としてエンジンの中を保護します。

2. 冷却

高速で回転するエンジンは、パーツの摩擦や燃焼によって非常に高温になります。そのためエンジンの冷却は、ラジエーターと呼ばれるパーツによって行われますが、加えてエンジンオイルもエンジンを冷却するために重要な役割があるのです。
エンジン内部を巡って熱くなったオイルは、一度オイルパンと呼ばれる部分で冷却され、再びエンジンに戻ることで全体を冷却します。
また、一部のスポーツエンジンなどには、空冷や水冷式のエンジンオイルクーラーが別途で設置されており、オイルをさらに冷却することで高い性能を保ちます。

3. 密閉

一般的なガソリンエンジンは吸気→圧縮→爆発→排気を繰り返すことで、走るためのエネルギーに変えています。特に圧縮の行程で金属同士に目に見えない隙間が生じるだけでも、そこから空気が漏れてしまう恐れがあります。
そのため、エンジンオイルによって「油膜」を作ることで、しっかりと圧縮することが可能になるのです。

4. 洗浄

燃焼や摩擦によって、エンジンの内部にはさまざまな汚れや金属片(スラッジ)が発生します。これらの汚れが長い間蓄積されると、エンジンの寿命が縮むだけでなく、本来の性能を発揮できずに運動性能や燃費が落ちます。
エンジンオイルはこのような汚れを洗い流し、オイルフィルターを通過することできれいな状態を保ちます。

5. 防錆

高温で密閉されたエンジンの内部は、水分が発生しやすい環境です。この水分は錆を発生させる大きな原因となります。
もし錆が発生してしまうとエンジンの性能低下や故障の原因になりかねません。エンジンオイルはエンジン内の金属パーツを覆うことで防錆の役割を果たしています。

本来の性能を保つにはオイル交換が必須

エンジンオイルの確認

これらの役割を果たすエンジンオイルは、走っているうちに劣化や汚れで性能が落ちてしまうため、定期的な交換が必要です。まだ動くからと言ってオイル交換を怠っていると、エンジンの故障や思わぬ事故につながる恐れがあります。いつ交換したか忘れてしまった人は、早めの交換を検討しましょう。

オイル交換をするタイミングは、自動車の種類や走り方によって変わりますが、一般的な乗用車であれば半年または5,000kmでの交換が目安です。

また、オイル交換の際は、オイルフィルターの交換も検討しましょう。このオイルフィルターはオイルの汚れを取り除く大切な部品ですが、使っているうちに汚れが溜まり詰まってしまいます。フィルターの交換は、オイル交換2回に1回のペースが目安です。エンジンオイルの性能を最大限発揮させ、エンジン自体の寿命を延ばすことにもつながるため、怠らずに行いたいところです。

エンジンオイルの交換方法

オイル交換

エンジンオイルの交換は自分でも行えますが、専用の工具や知識が必要になります。そのため手軽に交換したいのであれば、専門の業者に依頼しましょう。

オイル交換を受け付けている業者は以下の通りです。

車を購入したお店やディーラー

車を購入したディーラーや販売店であれば、販売前にどんな車かわかっているため、安心して任せられるでしょう。ただしオイルの種類が限られている場合や他と比べて割高な傾向があります。

大型のカー用品店

カー用品店の中には整備場が併設されており、オイル交換を受け付けているお店もあります。比較的値段が安く、豊富なオイルの中から選ぶことも可能です。定休日やお店の混雑具合によっては、すぐに作業できないこともあるため、頼む場合はあらかじめ確認しておきましょう。

ガソリンスタンド

普段から利用するガソリンスタンドでもオイル交換が可能です。わざわざ遠くの店舗に行かなくてもサービスを受けられるので、手軽に交換することができます。利用には専門のスタッフが対応するため、事前に予約しておくとスムーズに交換できるでしょう。

まとめ

オイル交換は車の性能、寿命を維持するための大切なメンテナンス。専門の業者に依頼することで、失敗のリスクを防ぐだけでなく、次の交換時期やオイルフィルターの状態などに関する適切なアドバイスを受けることが可能です。自分で交換することが不安な人は、プロに任せてみてはいかがでしょうか。

出光昭和シェルのピットインプラスなら
オイル交換もネットで簡単予約!

オイル交換の予約はこちら