CAR COLUMN - コラム

ガラスコーティングに失敗したらやり直しはできる?

せっかく購入した愛車ですから、いつまでも購入時のような状態を保っていきたいと思う人も多いでしょう。
そういった時に検討するのが、ガラスコーティングの施工です。コーティングといってもお店に頼むものから自分で施行するものまで様々ですが、今記事では自分で行うコーティングに注目します。
中でもガラスコーティングは車をよりきれいに魅せることができます。しかし、施工がやや難しいのが欠点です。
今回はガラスコーティングをDIYしたけれど失敗したらどうすればいいのか、ということについて確認していきます。

ガラスコーティングをDIYでする人が増えてきている

以前は「コーティングはお店に頼んで施工してもらうもの」というイメージが強かったですが、近年は自分でお店と同じようなガラスコーティングをDIY施工する人が増えてきていきます。
その大きな理由は2つあり、1つはプロ仕様のコーティング剤が気軽にネットで買えるようになったということ、もう1つはスマホの普及などにより手軽な情報収集が可能になったということです。
また、DIY施行するとコーティングにかかる費用も大幅に削減することができるので、コーティングDIYに挑戦してみようと思う人も多くなっています。

ガラスコーティングの失敗例

冒頭でもお伝えした通り、ガラスコーティングは仕上がりはきれいですが、プロが施工するようなものだと難易度が高いのが特徴です。ここでは、ガラスコーティングをDIYした人に多い失敗例を紹介します。

塗りムラができてしまった

コーティング剤を塗りすぎたなどの理由で、ボディ表面にムラができてしまうことがよくあります。ムラができてしまうと、ボディが均等に輝かないといった弊害が出てきます。

施工していない部分がある

白色など、ボディカラーによっては、どこに塗ったか分かりにくい場合があります。そうなってしまうと、施工できていない箇所が出てきてしまうこともあります。

仕上げ不足

ガラスコーティングは液剤を塗った後、仕上げに拭き上げをする必要があります。
この時拭き残しがあるとコーティング施工面にムラができてしまうので、拭き上げる際には正面だけでなく右側や左側など様々な角度からボディを見ながら拭くようにしましょう。

準備不足

コーティングは、コーティング剤を塗ってから仕上げるまでの流れが一番重要に感じます。しかし、実はその前工程の準備が不十分だと、コーティングの効果を100%出せません。
その準備とは“下地処理”です。コーティング前のボディについた汚れや鉄粉をしっかりと落とし、小傷などを磨くことでコーティングの効果を発揮できるようになります。
コーティング前の準備は、手を抜かないようにしましょう。

施工するタイミングを誤った

コーティングはいつかけてもいいというわけではありません。コーティング剤を塗った後、硬化するまでに時間を要するため、夕方から開始してしまうと一晩超えることになります。
そうなると、夜露などによって結露が発生してムラになってしまうこともあり得ます。また雨が降っている時などもムラが発生する原因となり得ますので、避けましょう。

DIYガラスコーティングを失敗した時の対処法

どんなに気をつけてコーティング施工していても、失敗してしまうこともあるでしょう。
ここでは、コーティング施工に失敗した時にどのような形でリカバリーしていけばいいのか、コーティング施工のタイミング別に確認していきましょう。

塗りたてで失敗に気づいたら

コーティングを施工している途中でムラができていることに気づいた場合、コーティング剤が乾いていない状態なので、クロスで塗り広げればムラを除去することができます。

硬化途中での対処法は?

ガラスコーティングは、施工から完全硬化まで6時間から12時間かかるというものがほとんどです。この間にムラができている場合は、コーティングを上塗りすることでムラを取り除くことができます。

完全に硬化してしまったら・・・

前述した方法を試してもガラスコーティング施工面のムラが取れない場合は、コーティング施工面を剥離しなければリカバリーすることができません。
ガラスコーティングの施工面は非常に薄いので、超微粒子のコンパウンドをつけたスポンジで擦ることでコーティング施工面を剥離することができます。剥離したら再度コーティングを慎重に施工しましょう。

ガラスコーティングをお店に頼むとしたらどこに頼む?

DIYでガラスコーティングを施工したいけど自信がない場合、やはりお店に頼むことになります。
コーティング専用ブースが整備されていて、かつコーティングに関する技術や知識を有したスタッフがいるお店がおすすめです。
コーティング専門店でなくても、これらの条件が整ったお店であればどこでも問題ありません。
最近ではコーティング施工に長けているガソリンスタンドも増えてきたので、給油などのついでに聞いてみるといいでしょう。

気軽に相談できるお店にコーティングを頼もう!

費用は抑えられますが、技術や知識がないとDIYでガラスコーティングをかけるのは難しいかもしれません。そういった場合は、技術や知識を持っているスタッフがいるお店に相談してみることをおすすめします。意外とご自宅の近くにあるかもしれないので、探してみましょう。

出光のPIT in plusなら
コーティングもネットで簡単予約!

コーティングの予約はこちら