CAR COLUMN - コラム

オイル漏れの原因と対処法、修理費用について

車は、走行距離が多くても少なくても年数が経つにつれて経年劣化をしていきます。経年劣化をすると車に何らかの不具合が生じることがあります。その不具合の中でも「オイル漏れ」が発生した場合は、即座に対処をしなければならないことが多く、素人では原因がわからないかもしれません。

車には多くの部品にオイルを使用していますが、特にエンジン関係の部品にはオイルを多用しており、どこから漏れるかによっても対処法が異なってきます。そこで今回は、オイル漏れに関する原因と対処法、修理費用の概算を解説します。

オイル漏れの原因って何?

オイル漏れ

車のエンジンはエンジンオイルを用いて冷却と潤滑をしていますが、エンジンオイルが漏れ出すことによって、最終的にはエンジンそのものを壊してしまう恐れがあります。オイル漏れが起きると、私たちは主に車体の下部分にオイルが漏れているということに気づく、ということが多いと思います。しかし、その状況を目撃するということは、かなり重症だと思っておかなければならないでしょう。

オイル漏れの原因として考えられるのは「エンジン自体に不具合が生じている」ということか、エンジンオイルが溜められている「オイルパン」に何らかの不具合が生じて起こっているということです。これらに共通して考えられる原因としては、部品と部品を繋ぐ際に間に挟んでいる「オイルシール」という部品が経年劣化をして、そこからオイルが漏れ出ているということです。

オイル漏れが起きたらどうする?

オイル漏れ

オイル漏れをしているのがわかった場合は驚くかもしれません。修理に出すべきか悩むかもしれませんが、まずはどのようにすべきか、ということを冷静に考えて行動しましょう。ここでは、2つのステップで確認をしてきます。

オイル漏れの度合いを確認

一言でオイル漏れといっても、「オイルがにじんでいる」だけなのか「ポタポタとオイルが垂れている」のかという点でも度合いが異なります。どれくらい漏れ出ているのかをできる範囲で確認してみてください。

エンジンオイルの残量を確認する

オイル漏れをしていることがわかったら、整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどに車を持ち込むかと思います。その前に、エンジンオイルの残量があるのかということを確認しましょう。軽度な漏れであれば特に問題ないかと思いますが、漏れがひどい場合はオイル残量が少ないまま車を動かすとエンジンが壊れてしまう恐れがあります。オイルゲージを見て少ないようだったら、エンジンオイルを補充してから車を動かしてください。

オイル漏れの対処法と費用

オイル漏れが起こって修理を依頼するとき、どういった対処をして、その対処がいくらくらいかかるものなのか、ある程度目安を知っておいた方が安心かと思います。ここではオイル漏れの症状が軽度の場合と重度の場合にわけて、対処法と費用感について確認をしていきます。

オイル漏れが軽度の場合

まずはオイルがにじむくらいの、程度が比較的軽い場合の対処法について紹介します。この場合、にじんでいる箇所とその量にもよりますが、対処法としては「様子見をする」ことか「オイル漏れ防止の添加剤を注入する」ことの2択になるケースが多いです。

様子見についてはあくまでも経過観察ということになるので、最終的には何らかの処置をすることになりますが、添加材を投入する場合は数千円の費用で済みます。

オイル漏れが重度の場合

ポタポタとオイルが垂れてしまうほど漏れが重度の場合は、該当する部品であるオイルシールを交換する方法が一般的です。オイルシールの交換費用はエンジンの種類によって異なりますが、おおむね1.5万円~3万円程度とされています。

オイルシール以外の部品、例えばオイルパンを交換する場合の費用は5万円程度です。オイル漏れの原因がエンジンを構成する部品(ピストンやエンジンブロックなど)の歪みなどで起こっている場合は、エンジンのオーバーホールやエンジンの載せ替えといった重整備となる場合があります。その場合、費用はエンジンによりますが、30万円以上かかる場合から100万円を超える場合があります。

足回りの部品がオイル漏れしたときはどうする?

オイル漏れ

エンジン以外にも足回りの部品がオイル漏れ(オイルにじみ)を起こすことがあります。1トン以上の車を支えている部品のため、不具合を生じるのも納得できるでしょう。この場合においては「ショックアブソーバー」というサスペンションを構成する部品が原因となることが多く、純正品のショックアブソーバーの場合は修理よりも新品交換という対処法となり、費用は1本3万円程度となります。

社外パーツのサスペンションを付けている場合はオーバーホールをパーツメーカーが行っていることもありますので、各メーカーに問い合わせてみてください。

オイル漏れが見つかったらすぐに見てもらおう

エンジンのオイル漏れは放置するとエンジンそのものが壊れてしまうこともありますので、オイル漏れやにじみを見つけたらすぐにプロに見てもらうようにしましょう。

出光のPIT in plusなら
カーメンテもネットで簡単予約!

カーメンテの予約はこちら