CAR COLUMN - コラム

車のオイルランプが点灯!原因は?

普段何気なく目にしている車のメーターパネルですが、「スピードメーター」と「燃料計」以外は、意識していない人も多いもの。そのためオイルランプが突然点灯したら、焦ってしまう人もいるかもしれません。普段は気にすることのないオイルランプですが、そのままにしておくと重大なトラブルに繋がることもあるのです。ここではオイルランプが点灯する原因と点灯した際の対処方法について紹介します。

オイルランプはエンジンオイルの油圧の異常を知らせるサイン

オイルランプは、ほとんどの車のメーターパネルについているランプの形をした警告灯です。普段は消えているので、走行中に点灯した状態を見たことがある人は少ないかもしれません。正式な名前は「油圧警告灯」と呼び、エンジン内部の異常を知らせる重要なサインです。

オイルランプが点灯すると、エンジン内部のオイルが行き渡っていない状態となり、適切な油圧を保つことができず、車の寿命を縮める原因となります。点灯したまま走り続けていると、エンジンそのものが壊れてしまう「エンジンブロー」を起こすこともあります。

その場合は、エンジンの載せ替えや大掛かりな修理が必要です。これらの修理は高額な費用を要するだけでなく、大きな事故にも繋がりかねません。オイルランプが点灯する主な原因としては以下の3つがあげられます

オイルの量が減っている

オイルランプが点灯する主な原因の一つで、規定の量よりもオイルが減っている状態があげられます。もともとエンジンオイルは、高速で動くエンジンをスムーズに動かすために必要なオイルです。しかしエンジンを動かし続けることで少しずつエンジンオイルの量は減っていきます。

もしオイルの量が減ったまま走らせ続けると、エンジンを動かすために必要な油圧が確保できなくなり、オイルランプが点灯します。

オイル漏れ

経年劣化によってエンジンの隙間からオイルが漏れだしてしまい、オイルの量が足りなくなる症状です。オイルを交換したばかりなのにオイルランプが点灯した場合は、オイル漏れの可能性があります。比較的古い車に多い症状で、そのままにしていると故障の原因にもなるため、早めに対策をしましょう。

オイルポンプの故障

エンジンにオイルを送り込むオイルポンプが故障した場合もオイルランプが点灯する原因です。エンジンオイルやオイルフィルターを交換しないまま走り続けていると、ポンプに汚れが詰まってしまい故障するリスクが高まります。故障を防ぐためにも定期的にオイルを交換しましょう。

また、多くの車ではオイルポンプが交換できない仕組みになっているため、故障した際の修理費用が高額になりやすい傾向があります。最悪の場合、廃車にもなりかねませんので、エンジンオイルやオイルフィルターを定期的に交換することがおすすめです。

オイルランプ点灯は日頃のメンテナンスで防ぐことができる

オイルランプが点灯しないようにするためは、日頃のメンテナンスが大切です。愛車を長く乗り続けるためには、以下のポイントを意識してみましょう。

オイルの量

エンジンの内部は密閉されているため、オイルの量は変わりにくいのですが、まれにガソリンを燃やす燃焼室へオイルが流れて減ることがあります。これは自然な減り方なのですが、場合によってはパッキンの劣化やオイル漏れによって大幅に減少するケースもあります。

そのため定期的にオイルの量をチェックしておくと、オイル漏れのトラブルやオイルランプの点灯を防ぐことが可能です。オイルの量はオイルゲージで測ることができ、大抵の車にはボンネットの中に設置されています。

オイルの粘度

オイルの粘り気も車の性能を維持するために大切なチェックポイントです。ほとんどの車種では、メーカーによって指定された粘度のオイルが決められています。しかし経年劣化や汚れが混ざるとオイルの粘度が下がるため、定期的にオイルを交換して粘度を維持することが大切です。

交換のサイクルは走り方や車種によって異なりますが、大体5,000kmごともしくは6ヶ月に一回のオイル交換が推奨されています。

オイルランプが点灯したらどうすればいいの?

もしオイルランプが出てしまった場合は、安全が確保できそうな場所を見つけ、車を左に寄せてください。その後はエンジンを切って販売ディーラーやロードサービスなどに連絡をしましょう。また、停止板を使用して後続の車にも知らせるようにしてください。

まだ走れるように感じてもそのまま走行することはやめましょう。なぜならオイルランプのような赤色の警告灯は、車の走行に関わる重大な故障を知らせるサインです。走行中に動かなくなれば、その分大きな事故にも繋がりますので、必ず停車してロードサービスを待ちましょう。

メンテナンスやオイル交換はプロにお任せ!

車の重大なトラブルを警告するオイルランプですが、正しいメンテナンスや点検を行うことで、オイルランプの点灯や危険な事故を回避することができます。もし自分で行うのが面倒に感じるなら、プロにお任せするのも方法です。

オイルの点検や交換は、ディーラーや大型のカー用品店以外にもいつも利用しているガソリンスタンドで受けることが可能です。店舗によってはあらかじめ予約が必要なところもあるため、もし利用するのであれば、事前に申し込んでおくとスムーズです。

出光昭和シェルのピットインプラスなら
オイル交換もネットで簡単予約!

オイル交換の予約はこちら